FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

その後に残るもの
切り分けられたケーキを前に、
こんな声が響いてくる...

「お姉ちゃんの方が大きい!」
「イチゴが一個しかのってないよ!」
「もう、切り方が下手くそ!」
「甘すぎる!」
「いや、全然甘くない!」
「去年の方が美味しかった!」
「やっぱり、あの店にすれば良かったじゃない!」
「太っちゃう!」...

「いい加減にしなさい!!!」、とお母さん。

幸せの演出に欠かせないケーキを前に
不平不満のオンパレード...

まあ、ここまで極端なことはないにしても
そのような心性が潜んでいることを
ボク自身認めざるを得ない。

だからと言ってホールケーキの醍醐味も捨てきれない。
もちろん、ケーキだけの話じゃないけど(笑)

と言うことで、話を一般化する...

ある問題が持ち込まれる背景もあれば
その問題を持ち込む者の意図もある。
そしてその問題を切り刻んでいく手際があって
どうにかこうにかその問題が解釈され、
各々によってその理解がなされる。
そして、それがまた問題になる...

複雑な話をしてるんじゃない、

要するに、
ケーキを食べた後に残るものが、
幸せであってほしいように
様々な問題の後にも、そうあってほしいんだ。

さあ、心して
クリスマスケーキのご準備を。

Bob Marley『A La La La La Long』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記