FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (151)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

いつかどこかで
通常、ヒプノセラピー(催眠療法)のセッションは、
クライアントとヒプノセラピストの
マン・ツー・マンで行われる。

よって、催眠状態(潜在意識が優位な状態)で
クライアントにもたらされる情報は、
クライアントよりオープンにされたもの以外、
誰も知ることは出来ない。

クライアントにとっては、
ある問題を解決、あるいは改善すべく
トライしたセッションであり
当初の目的が達成されれば、
他の事は二次的である...はず。

しかし、
セッションを通じて、
例えば、前世(過去世)療法などであれば、
現在の家族や知り合いなどが、
前世(過去世)で、様々に配されているのを発見する。

それを、直接当人たちに向けて
公表するクライアントもいれば
胸に秘めておく場合もある。

不思議なことに、
セッション前後には
その当人たちが、夢物語として
前世(過去世)の話を唐突に話し始めることもある。
クライアントは、ニンマリしながら聴いている。

いつも言うことだが、
その真偽を科学的に論証することは出来ない。
しかし、もたらされた情報によって
少なくともセッションを受ける前よりは
クライアントの表情は明るくなっている。


ということを踏まえたうえで、
実は、マン・ツー・マン以外のアプローチもある。

ある特定の集団、カップルなどに対して
同時(or同目的)に催眠誘導/療法を行うのだ。

詳細はここでは割愛するが、
同時代を共有する場合もあれば
全く別なところへ行ってしまう場合もある。
しかし、どんなカタチであれ
参加したクライアントたちには
その時必要な情報がもたらされる。

潜在意識、さらには集合的無意識の
体験的可能性は、
ほんとにまだ未開発もいいところだ。

もっと自由に、オープンに!
先ずは、ボク自身を解き放つことだな。

木村カエラ『YOU』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記