FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

甘々の採点
寒空に散歩していると
頭がキューッと締めつけられる。
実際に頭蓋骨が縮こまっていくのだろう。

夏場はその逆、緩んで、ボーっとしてしまう。

これは、そのまま、
意識の在り様にも影響する。

緩んでしまえば、
何かに集中して考えようとしても
常に意識は外へ外へと放たれ、
何を考えていたかもわからなくなって
仕舞いには、それが心配事でも、
どうでも良くなることがある。

そう意味で言うと
この時期は、どうでもいいことでも
ぐんぐん内へ内へと
意識に取り込まれてくるので
適度に緩めることが必要だ。

忘年会などは、そういう意味もあるんだろう。
ただ、適度を超えてしまうことが多いけど。

今年をちょっと真面目にふり返ったら
あとは、
ゆず茶にしょうが湯、甘酒にぜんざいで
頭のねじを少し緩めて
厳しかった問題、しくじった自分に
甘い採点を点けてあげればいい。

自分自身の採点を誰かに任せるなんて
馬鹿げてるからね。

佐野元春『すべてうまくはいかなくても』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記