FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (151)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

責任者は誰?
駅構内のアナウンス
「再開の目途はたっておりません、
 今しばらくお待ち下さい。」

あぁ、いつものか...

ここ数年、頻度が増している気がする。
トラブルが多いというより、
運行・制御のシステムに
過剰にブレーキがかかり過ぎているようだ。

埼玉で信号トラブルがあると
お台場行きの電車が渋谷で立ち往生...といった類い。

時間や安全、効率的な輸送を期しての
一括管理の自働化システムの恩恵には
十分感謝している。
まさに、日本ならではのきめ細かさに
誇りさえ抱く。

ただ、「リスク」の問題が絡んでいる以上
どうしても、余分な人情が入り込んでしまう。

つまりは、「責任」の問題。

そうとなれば、
「リスク」回避の観点から
あらゆる場面で、
ブレーキが早め、多めにかかってしまう。

「自己責任」の時代と言われて久しいが、
それは、
「他人の責任について、あれこれ言わない。」
ことでもあるのだから、
安全を求める方も、求められる方も
信頼関係の上で、
シンプルに事に当っていけば良いと思う。
ちょっと窮屈すぎる...

「リスク」は、
集中・管理する時代から
分散・共有する時代になっていく必要性を
この一件からもひしひしと感じる。

この話、
もちろん電車のことに限らないんだけど。

George Harrison『Here comes The Sun』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記