FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

丸腰で行こう
全くの未知の体験、知識、物にふれる時
好奇心と同じくらいに緊張感がある。

子ども時分であれば、
どこかに親の存在も感じるし
知らぬが仏とでも言うように
好奇心の方が優勢になる。

年を経るほどに
経験や趣向性によって
賢き選択が行われ
緊張感は減るけど、
同じくらいに好奇心も減っていく。

世間では
好奇心を持ち続けること、
新しい何かに挑戦することが
いきいきと生きる秘訣...
というより強迫観念のようになっている。

どうしたものか...

ヒントがある...

「賢き選択」というのが曲者なのだ...

好奇心が本来持つ、自然発生的な要素が
いつの間にか、
無難、予定調和の結果にささやかれ
「小賢しい選択」にとって代わられている...

強迫観念何するものぞと、
時には無選択という選択、無謀もあり得る。

そこであぶら汗をかく
丸腰丸裸の自分の姿をじっくりと見てごらん
愛おしく思えるよ。

実は、新しいも旧いも、
いきいきもぐだぐだも、
はなっから存在していなかったことに気づくだろう。

ウルフルズ『ええねん』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記