FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ガス抜きの方法
それさえなければ、ということがある。

クレームに、しばらく平身低頭、
そのままの姿勢でくるっとふり返り
足早にその場を去ろうとした瞬間、
「チェッ!」の舌打ち...

お説教に、神妙な顔つき
反省の色を濃くしたまま
謝罪の言葉を口にしようとした瞬間、
「ハァー」とため息...

本人に悪気はなくとも
せっかく収まりかけた場が、また荒れてしまう。
残念としか言いようがない。

言葉や態度と言うものは、
思っている以上にコントロールが効かない。
肝心なところで、
本音がむき出しになってしまう...

だからと言って開き直るわけにもいかない、
特に自分がちょっと不利な場面では。

どうしたものか...

ボクは、途中で、
鬱屈した感情やエネルギーのガス抜きをする。

そういう時は同じ姿勢をとっている場合が多いので、
唐突に姿勢を変えながら、ちょっとズレていくのがポイント。

 ・うーんと言いながらあらぬ一点を凝視する。
 ・うなずきながら腕組みをしてどんどん下を向く。
 ・前のめりになり真剣さをアピールしながら、
  両指は両太ももをしっかりマッサージする。

こんなことは、普通のコミュニケーション術の本には出ていない。
だから、保証は出来ないが、実践済み。
自分なりにアレンジしてやってみるといい。

要するに、
相手のペースにいつまでも乗らないように、
視線をそらしたり
体を動かしたり、さわったりしながら
緊張を緩和し、自分を取り戻そうとしているのだ。
程度の問題は気をつけてね。

ガス抜きが終われば、
今度は正面から、話題の本筋に向き合えばいい。

Faces『Open To Ideas』
ユーチューブでどうぞ 
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記