FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (161)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

どこでつながろうか
この度の震災後
「絆」、「つながる」という言葉を
多く見聞きした。

スピリチュアルな文脈では
別な次元の意味合いも付加しながら
「ワンネス」「一つなるもの」などの言葉に
置き換えられることもある。

一体どこでつながってるんだろうね、
要するにもっと具体的に...


以前「ハイアーセルフの居場所」と題した文章の中で

 ハイアーセルフの居場所は、
 案外目と鼻の先にあるかもしれないね。

と言ったのは、たとえではなく
ボクの認識の実感を表現した。

つまり、ボクにとっては、
自分を、世界を、
始まりも終わりもなく感じ、認識するのは、
眉間や鼻先、その辺りからの眼差しなのだ...

だから、つながるのはここからになる。

スピリチュアルやセラピーの現場では
やはりハートが圧倒的多数派なので
ハートと言いたいところだけど...

そんなとき
ダグラス・E・ハーディングという人や
アドヴァイタ系の覚者たちが
似たようなことを言っていたので
ホッとしたこともある。
 ※ダグラスやアドヴァイタについてはまたの機会に

これを男性性と女性性、認識と共感の違いとして
分析するのも面白いけど
ボクはその役じゃない。

一つ言えるのは、
どんなかたちで、どこからつながろうと自由なのだ。

誤解を恐れずに言えば、
つながる、つながらないの前に、
先ずは、自分の髪の先、頭のてっぺんから
手足、指、爪の先まで
自分の今をしっかりつかまえることだ、
(もちろん、体のパーツの意味を超えて...)

そうすれば、どこにだって行けるし
つながれる...

その前に
寒風で鼻先がカサカサにならないように
保湿クリームでケアしようかな。

玲葉奈『travellin' man』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記