FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

逢いたいときに、そこにいる
これまでとりあげてこなかった
ヒプノセラピー(催眠療法)のアプローチを紹介する。

『グリーフセラピー(悲嘆療法)』である。

これまで紹介してきた時間軸を設定したセラピーとは、
ちょっと趣を変え、より目的を絞ったものと言える。

「大切な存在の死に接し、悲しみはもとより
 後悔や虚しさ、様々な感情がどっと押し寄せてくる。
 直後に受ける印象だけでなく
 長年に渡り抑圧されていく感情と言うのもある。
 
 生前伝えられなかったメッセージ...
 本当はどんな風に自分のことを見ていたのか...
 二人の関係に一体どんな意味があったのか...など
 もし、再び逢えたら聞きたい、語り合いたいこともあるだろう。
 いや、もう一度その姿を見るだけでも良いのかもしれない。

 催眠状態(潜在意識が優位な状態)で、
 再会の場を設け、そこにその存在を招き入れる。
 
 後は、お任せする。

 ヒプノセラピストは、その再会の場を設けるお手伝いのみ、
 黒子に徹している...
 聞かれたくないこと、言いたくないことなど言わなくていい。
 ちゃんとお互い伝わる。 
 存分にどうぞ。

 ただ注意点もある...
 再会する存在の姿かたちは、生前と違ったり、
 声だけの登場のこともあるかもしれない。 」


このセッションで起きることは
「本当か!」、「交霊術なのか?」という問いには

「ヒプノセラピー(催眠療法)の中の
 グリーフケアを目的とした
 グリーフセラピー(悲嘆療法)です。」としか言いようがない。
 
真偽の如何を科学的に説明することは困難だが、
少なくとも、セッションを終えて
長年の鬱積した思いを解放させた
クライアントの表情はスッキリとしている。


さて、話をぐっと深める。

大切な存在とは
人に限らず、ペット、さらには、物にも及ぶ。

そのかけがえのない存在との別れ、喪失感...

究極の喪失とは何か...

自分自身だろう...

自身への根源的な喪失の恐れ、不安が
大きく横たわっている...

このブログの最初からの問いが
ここでまた波打ってくる...

喪失される自分とは...
ならば、喪失されない自分もあるのか...

誰が誰に逢いたがっているのか...

それを問うているのは誰か?

山崎まさよし『One more time, One more chance』
ユーチューブでどうぞ 
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記