FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

体感のもっともらしさ
「体感すること」の重要性は
様々な現場で、指摘されている。

概ね賛成だが、若干の注意もある。

「体感」とは、
個人における、
従来の知識や経験を超えたところにある何かを、
ダイレクトに受けとめるべく
身体、感覚、感情をフル動員してのぞみ
その事象・対象の本質的なものを
その瞬間感得すること...
とでも言えばいいか。

この通り行けば、問題ないと言える。

ただし、
時に、その個人的な感得が、普遍化、一般化され
あたかも真理のごとく扱われ
さらには、
その瞬間の体験が、
永遠を約束する崇高な邂逅の様相を
呈することがある。

当人にとっては事実であり
そのことは尊重されるべきである。

しかし、そこに耽溺、依存するあまり
「体感」そのものを超えた意味づけがなされ
「体感のもっともらしさ」のみが語られる
危うさにも注意しておきたい。

そうならないためにも
「体感」より得られた新たなる知見や感覚を
従来の知識や経験に
じっくりと接ぎ木するようなプロセスも必要だろう。
優れた「直感」を携えて...

そのうえで
見えてきた普遍性なり崇高さならば
それはそれで良いんだと思う。

吉田拓郎『人生を語らず』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記