FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

手放すマナー
隣の席のビジネスマンが
メモ帳を前にして
居ずまいを正したと思うと
何かを書き込むや
そのメモ書きを一枚、バリッと威勢よくひきはがし
今度はビリッと破り捨てた。

「一件落着なのかな(笑)」なんて思っていたら

二枚、三枚、これでお終いと言うわけにはいかず
怒涛のように、バリッ、ビリッ、バリッ、ビリッ...

やるべきことなどをリストアップして
一つ一つ片付いたことを
チェックしていたのだろうが、
その小気味良さとは裏腹に
聞かされているこちらとしては
何となく違和感が残った。

心理療法の現場のみならず
普段の暮らしの中でも
「執着」や「思い込み」「信念」、
実際に捨てられない「物」など、
いかに手放していくかに重きが置かれている。
そんなテーマのベストセラーもある。

ただ、そこには
ちょっとしたマナーが必要な気がする。

「執着」といえども、その昔は「愛着」、
「信念」だって、「信頼」だったことがあるかもしれない。
「物」にも素敵な思い出があったはず...

ひっくるめて全部反故にしてしまうような
乱暴な手放し方には
もったいなさというか、
どこか虫の良さを感じる。

プロセスに十分学んでいれば
手放す姿さへ
自ずと美しくなるような気がする。

Procol Harum『A Whiter Shade Of Pale -2006』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記