FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ギュッとつまっているものは
芦田愛菜ちゃんや滝川クリステルが
テレビで何度も「ギュッ、ギュッ」言うものだから

以前ここで
「これはこれ、それはそれ」と題して
ドーナツやパン、ケーキの好みを書いたのを思い出した。
「凝縮感やボリューム感」「ずっしりと重いのが良い」
みたいなこと...

さて、
関東では、
お寿司と言えば、多分、にぎり寿司がパッと浮かぶだろう。
しかし、
西(広島)の方では、巻き寿司や押し寿司、いなり寿司の方が
ピンとくる。

押し寿司などは、角寿司とも呼ばれ
枡形のものや、さらにもっと大きな木枠に
すし飯も具も、まさにすし詰め、
さらには、段重ねなどバリエーション豊かだ。

にぎり寿司のようなフワッと感は微塵もない。

その凝集、渾然一体となった塊が
お吸い物やほうじ茶なんかで
ほどかれていくのが醍醐味。

ボクの好みが明らかになってきた、
ドーナツにコーヒーもそうだもんな...

そして、にぎり寿司との決定的な違いは、
家庭の味ということ。
家々に伝わる、おばあちゃん、伯母さん
母親の味なのだ。
すし酢や具材の仕込み、
いなり寿司についても一言あるのだけど、
キリがないので、またの機会にしよう。

ドーナツは、
お店でも食べられるけど
どこか素朴で、
お家でも十分に出来るお菓子であることが
巻き寿司や、押し寿司を連想させて
ボクをひきつけるんだろうな...

ギュッとつまってるものが何なのか、
みんなそれぞれ思いをはせてほしい。

広島弁、ハワイ、英語の勉強に最高!
聴けば天国!
小林克也『うわさのカム・トゥ・ハワイ』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記