FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

試すものは試される
コミュニケーションテクニックにおいて
「第一印象」の重要度はかねてから指摘されている。

身だしなみはもとより、
目線やしぐさ、声の調子など
細部に渡りチェック項目がある。

確かに、「第一印象」で抱いた感覚が
その後のやり取りにも影響するし、
二転三転はあっても、
結局は「第一印象」に遠く離れないところで
落ち着くことがしばしばだ。

ますます「第一印象」の信頼度が増していく。
もちろんお互い様なのだけど...


潜在意識に関心があるならば
もう少し違った視点で眺めることになる。

初対面の相手を前にして
「第一印象」を抱いたならば...

どうして、そんな印象を抱いたのだろうか?
「直感」を信じつつも、
自分なりの、
「第一印象」フィルターなるものがあるとすれば、
その出所、構造を探りたくなる。
そのフィルターの増減、厚薄によって
大切な何かを見落としていないかなど、
ちょっと気にもなる。
もし、フィルターそのものがなくて
ありのまま相手に向き合ったなら
一体そこに何が起きるのか、興味が湧く。

「第一印象」フィルターを通過して
金科玉条のごとく奉っているもの、
あるいは
ガラクタのように
ほったらかしにしているものがあるのならば
年末までには、
一度見直した方がいいかもしれない。
先ずは、フィルターの掃除が先かもしれないけど。

「あいつは絶対○○だ!」
「あの子ってきっと△△よ!!」などと
値踏みやレッテル貼りを試みているつもりでも
試されているのは自分自身の方かもしれない。

長渕剛『愛してるのに』(西武球場))
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記