FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アファメーションが起動するとき
「ホ・オポノポノ」が日本でブームになってから数年経つ。
今も続々と関連本が出版されている。
その本領が発揮されるのはこれからだろう。

というのも、アファメーションが起動するのには
少し寝かせる必要があるから。

口にしたり、その文言の存在さえ忘れてしまうことが
多くなった頃、その効果が現れ出す。  
身の回りの環境、
不測の事態に対する自分の対応の変化などに
ハッと気づいて、その効果を実感する。
    ※アファメーションというのは、
     自分に対して宣言する前向きなメッセージ

「ホ・オポノポノ」について、
歴史的な経緯を省略して、
機能的な側面についてのみ要約すると、

「目の前に起こる悲喜こもごもの出来事は、
 全て、見る者の潜在意識、集合的無意識において
 未解決、未だ癒されてない部分が投影されたものとして
 現じたものであるとする。
 その解決方法として、
 出来事への変革を求めるのではなく
 見る者自身を癒すことによって、
 その出来事の根本解決をはかる。
 具体的には
 <ごめんなさい ゆるしてください
  ありがとう  愛してる    >
 という4つの言葉を
 繰り返し自分自身(の潜在意識)に投げかけていく。
 本人は、自分の何が問題なのかを知らなくても
 効果があるとされる。
 特に、この数年、ヒューレン博士により、
 よりシンプルなカタチで、日本に紹介され、
  ブームになった」

紹介はこれぐらいにして、

つまりポイントは、
潜在意識へのアクセスである、ということ。

顕在意識のレベルで行うと、
どうしても、意味や文脈、
あるいは対象への見当違いの感情移入など、
潜在意識への到達を妨げてしまう。

気に入ったアファメーションがあるのならば、
日常的なこととして潜在意識に根づくまでは、
ただひたすらに口にするのが良い。
歯磨きや鍵の開け閉めのように。

結果は後のお楽しみ。

ヒプノセラピーに関連して言えば、
<ごめんなさい ゆるしてください
 ありがとう  愛してる    >
という4つの言葉は
セッションの最中
頻出かつとても大切にされている言葉である。

松任谷由美『さまよいの果て波は寄せる』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記