FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

オープンであること
心理系の学び、実践の現場において
「オープンであること」は必須とされている。

必要以上にガードを固めていると、
例え一時的であれ、他者との共通理解の場が築かれず
セラピーであれば、
セラピーそのものが成り立たない場合もある。

なぜ、それほどまでに必要なのか...

いつもと同じ思考(環境)の場では、
その場で起きるプロセスも似たり寄ったりで
なかなか打開点が見出せず、
先ずは、そこから一歩、いや半歩でも
足を踏み出す必要があるからだ。

共通理解と言っても、強制や同意を促すわけでもなく
あくまでその場を許容、承認する感じ。

ヒプノセラピー(催眠療法)に対する疑問で、
「催眠状態になると、言いたくないことまで
 ペラペラ勝手にしゃべりだすんじゃないか...」
といった不安を口にする人もいるが...

潜在意識が優位な状態が続いているだけで、
顕在意識も終始、いつも以上に明瞭なので、
言いたくないことは言わなくていいし
したくないことはしなくていい、
全部自分で決められる。
本当に嫌になったら、
ガバッと起き上がることだって出来る。

「オープンであること」

クライアント寄りの話になったが、
実はそれ以上に
ヒプノセラピストに必要な態度、姿勢なのだ。

予断を持つことなく
クライアントに向きあっていかなければならないし、
何かひた隠しながらのセッションなんて
誰も望まない...
そんなことは即刻クライアントに伝わってしまう。

潜在意識は、至極真面目なのだ。

レミオロメン『太陽の下』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記