FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

続・幸福の分岐点
昨日の続き...

問題は、体制やイデオロギーにあるのではない。

利益の代わりに、聖典や忠誠心や剣が
その中心に据えられるだけだから。

もっとはっきり言うと、

それらは、言葉に過ぎないのだけど
わかりやすくてインパクトもあるから
ドカンと真ん中に据えられると
いろんな意味で、
動きが止まってしまうようなところがある。

科学(学問)、思想と言っても、
これは、一定の制約、条件のもと、
例外的な条件は捨象しておいて成立するものだから、

言えば、言葉による、仮定の学問、仮学であって、
それをベースにした、
体制もイデオロギーもムニャムニャも、
結局は、言葉による、
この世界での仮住まいのルールみたいなものかもしれない。
多分に実験的要素も多いけど...

反科学も反体制も、同じ言葉...
あまり有効ではなさそう。

言葉を今さら捨てるわけにもいかないけど、
考えようによってはどうにでもなる。

言葉は言葉、それ以上それ以下でもない、
そのことを覚えていればいい。

それにしても、
仮住まいだからと言って、
いきなり厭世感をもって
浄土に本住まいの物件を探すのも、切ない気がする。

仮住まいでも快適に過ごしたいことに変わりはないから、
過剰に適応したり、
逆に、猛烈に抵抗したりしなければ、
そこそこやっていけるのかな。

人間は、
どんなカタチであれ、適応してきたのだから
ある意味ではしぶとい。

このしぶとさにヒントがあるような気がする...

こういう文章は、
何だかわかったような、わからないような、
やっぱりこれも言葉なんだよね。

こういう問題には、結論を出さないで
しぶとさの感覚を伝えてみようと思う。
いつもの調子で。

Wyclef Jean『Million Voices』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記