FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

感情を解き放つ
頭ではわかっていても
どうしても許せないことや頭にくることはある。

セラピストだって同じこと。

ただ、そういう事態が生起した際に、
そこに湧いてくる感情、行動への処し方を
少しばかり知っているだけのこと...
実際に出来ているかどうかは別の話。

幼い子供の虐待のニュースなどでは
本当にはらわた煮えくり返る。

ただ、いつまでもそんなネガティブな感情を
抱え込んでいるのは良くないから
意識的に解放していく。

手っ取り早く体を動かしたり、
遠出の散歩に出かけたり、
好きな曲や映画などに没頭したり、
それぞれの発散方法はあるだろう。

その負のエネルギーも、
エネルギーには違いないから、
とことんその事案について、
学んでいくのも良い。

ひとしきりエネルギーを解放したら、
ふと冷静になることも必要。

自分はどんな事態に
どんな風に反応したか、
そしてどんな解放のプロセスを選択したのか

その一連のパターンを繰り返してはいないか
もう一度考えることも出来る。

例えば、そのヒントが、
先日書いた、
バイロン・ケイティの『4つの質問』かもしれない。

「それは本当でしょうか?」
「その考えが本当であると、絶対言い切れますか?」
「そう考えるとき、(あなたは)どう反応しますか?」
「その考えがなければ、(あなたは)どうなりますか?」

まあ、まずは踊ってからかな。
Blues Brothers『Twist it (Shake Your Tail Feather)』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記