FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ハイアーセルフの居場所
歯が欠けてしまった時などに
いまだにする行為がある...

目を一瞬閉じて、
これは夢だ!と念じて
パッと目を開けるのだ。

しかも、何度か繰り返す。

でも、恐る恐る舌を、
欠けた部分に這わせると
やっぱりいつもと違う...
あ~あ、歯医者か...ということであきらめる。

目を閉じて
一瞬向き合いたくない現実を終わらせる、
そして自分の意志で
目を開けて
あらためて現実を受け入れる。

そんなことしたって何にも変わらないよ、と
言われそうだし、
実際に向き合いたくない現実に
何の変化も見られない。

じゃあ、どうしてこんなことをやっているのか。

夢で似たような体験をして、
その行為が報われたことがあったのかもしれない...
というのとも違う。

このブログを始めた頃にも書いたのだけど
小さい頃から、
事態を冷静に見つめているもう一人の自分、
というような感覚があって
そんな自分が、どのように存在し、
目の前の現実と向き合い
認識していくのかを、
より具体的に感じることが出来るのが
目の開閉だったりするのだ。
歯が欠けたり、ちょっと避けたいような事態に直面した時などは
その絶好のチャンスなのだ。

真我やハイアーセルフの居場所は、
案外目と鼻の先にあったりしてね。

とは言っても、現実は現実。
痛みや具合と相談して
予約も入れなければならない。

「自己催眠・暗示」による、
歯痛(治療)のコントロールの方法もあるので、
今度はそれを試してみようかな...
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記