FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

意識の在り処
少し前に「自己催眠」についてふれた。

ヒプノセラピストは、
リラックスするためだけでなはく
その状態を、様々な方法・目的に応じてうまく活用している。

例えば、
・ちょっとした問題が起きた時、思考の堂々巡りを防ぐ意味で、
 催眠状態になって、問題の整理をし、解決へのヒントを得る。

・瞑想などする場合、その前段として、催眠状態を利用する。

・「自己催眠」に、特定の意味・内容・目的を付加した
 「自己暗示」により、願望実現のための習慣的なワークを行う。

まだまだたくさんあるのだけど、
先ずはこんなところで。


「自己催眠」のワークを行っていると
時々面白いことが起きる。

・催眠状態が、少し深くなったときなど、
 思いがけず、過去世のある場面をのぞいてしまったり

・あるいは、慢性的な痛みをもった部分が妙に気になって、
 その部分に意識を集中させると、
 その原因が、ある人間関係に由来することが、
 一瞬にしてわかるなど...


最近ボクにもそんなことがあった。

日中、ある職場でまったく別な仕事をやっていて、
午後の3時前に15分ほどの休憩がある。
ドア一枚隔てた控室のソファーに寝そべって
わずかな時間なので、眠ってしまっては困るから、
催眠状態にとどめておく。

そしてしばらくすると、

目を瞑っているのに、視界の右端あたりに
映りの良くないテレビ画面があらわれる。
そして、そこに映し出されるのは、
ドア一枚向こうの、職場である。

眠ってはいないし、その映像は、
残像や想像したものでない、
まさにリアルタイムの映像。

ドア一枚だから、最初は
聞こえる声や音を映像化したのかとも
思ったが、それも違う。

しかも面白いのは、その映像は、
天井あたりからの俯瞰の映像なのだ。
体外離脱や幽体離脱かなとも思ったが、
ソファーに寝そべって少し足を踏ん張った
不自然な体勢であることにも自覚がある。
控室には、そんな状態でも
人の出入りもあるし、小声で挨拶もすませている。

今はその状態を楽しんでいるだけで、
解明しようもない。
ボクの意識は一体どこにあるのだろう。
もう少し映像がはっきりすれば、
確証を得られそうな気もする。

「自己催眠」の話がどっかに行ってしまったが、
意識は不思議なところだらけである。
その分、楽しみもたくさんありそうだから
まだまだ、この話は続いていきそうだ。   
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記