FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ドアの向こうにいるのは誰?
数年前のある朝、自分の人生にとっては
一、二を争う、かなりがっかりするようなことがあって、
気も動転、頭も真っ白になるような状態で、
ソファーにへたりこんでしまった。
 ※詳細はここではまだ書けない。

そんな状態にありながらも、
いくつかのやり取りをへて、
事態はもう、自分の思い通りにはならないことが
わかり始め、あきらめとやりきれなさで、
さらに深く、ソファーにのみ込まれていった。

これからどうすればいいんだろう...
今どうすればいいんだろう...
誰にどうやって伝えればいいんだろう...
仕事は...
生活は...
どんな風に生きていけばいいんだろう...
ため息で窒息しそうだった。

何時間たった頃だろうか、
食事も忘れ、
効きすぎたエアコンに、
体もすっかり冷え切ってしまった頃、
玄関のベルが鳴った、
こんな時に...

宅配便だった。
注文したことさえすっかり忘れていた本。

タイトルでボクは苦笑いしてしまった...

『神からのギフト』山村幸夫

こんなことってあるんだな...

※山村幸夫さんは、
 2002年に、若干39歳で亡くなられた。
 1987年に渡米、1990年には
 ロスアンゼルスを活動の拠点とし、
 他州、外国、日本を行き来されていた。
 シルバー・バーチ、ハリー・エドワーズという
 近代スピリチュアリズムの系譜に連なる
 スピリチュアルヒーラーだった。
 本の紹介はまたいつかしよう。
  
この本を手に取り、立ち尽くしながらも、
さっきまでの落胆している自分とはまったく別の自分が、
タイトルに込められたメッセージを一瞬にして理解し、
そして、覚悟の腹を決めたのがわかった。

今朝のあの出来事は、
『神からのギフト』でなくてなんだろう。


もちろん、それから数日、いや一年間ぐらいは、
落ち着かない日々を過ごした。
今でもそのうずきはある。

ただ、もう一人の自分は、
光射す方へちゃんと歩いている...
そう確信している。

今この瞬間、
もう駄目だとあきらめかけている人がいるかもしれない。
全ては思い通りに行かないかもしれない。
でも、あなた宛てのギフトを携えた誰かが、
きっとドアの向こうで待っている。

ボクが学んだヒプノセラピーの先生が、
セッションに臨むボクらに、
執拗に繰り返す言葉がある。

「信じて、待て、決してあきらめるな」

BUMP OF CHICKEN『プレゼント』
ユーチューブでどうぞ。

 ◎『神からのギフト』山村幸夫
  『与えつくしの愛』「神からのギフト」出版会編
  一般書店の取り扱いではないので、
  興味がある方は問い合わせてみてください。 
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記