FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

セッションのお土産
ヒプノセラピー(催眠療法)のセッションを受けて、
もらえるお土産がある。

それは、
「催眠状態(潜在意識が優位な状態、変性意識状態)を
 知った、体感した」
ということ。

もちろん、本来の目的(悩みや問題の改善、解決)を達することが
前提ではある。

しかし、セッションのストーリーとは別に、
セッションの間中ずっと感じられる心地よさがある、
例えば、適度な脱力感、リラックス感、穏やかな呼吸、
    沈黙の中の明晰さ...

この状態を知らないのは、ちょっともったいない気がする。

実は、普段の生活の中でも、誰でも、
「催眠状態」にはなっている。
ぼんやりテレビを見ていたり、物思いにふけっていたり、
車を運転している時などもそう。
ただ、意識してそうなっているわけではないし、
その状態が、「催眠状態」だとは知らないのだからしょうがない。

少し体を休めたいとき、頭の中を整理したいとき、
心の中のもやもやをスッキリさせたいとき、
それぞれのリラックス法などは既にあるだろう。

セッションを受けて、
その状態を一度知れば、
ちょっとしたきっかけで、自分で「催眠状態」になれる。
いわゆる、「自己催眠」

これを、リラックス法の一つに加えることもできる。
そういう意味で、お土産と言ったのだ。

ヒプノセラピーでは、
お土産レベルではなくて、
「自己催眠」や「自己暗示(特定の意味・内容・目的を有するもの)」をセッションと組み合わせたプログラムとして
提供するメニュー(願望実現や禁煙、ダイエットなど)もある。

最後に、

ちゃんと「催眠状態」から戻る方法も
教えますのでご安心を。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記