FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

問題の問題
「問題アリ」という言葉から受ける感じは、
多少なりともネガティブなものだろう。

「問題」にも、2種類あって、
一つは、難易度の差はあれ、
機械的、実務的に対応すべき外的なもの。

そして、もう一つが、
その対応に付帯する感情的なわだかまりや、
「解決」を遅らせ、こじらせる内的なもの。

セラピストがおおむね接するのは、
後者の「問題」。

そして、その「問題」の「解決」に
一緒に取り組んでいくことになる。

ヒプノセラピーならば、
その「解決」の糸口を、時間軸を設定して、
主に過去へのベクトルに乗っかって、見出していく。
幼児期退行、胎児期退行、中間世療法、前世(過去世)療法...

そして、「問題」の契機になった出来事、場面において、
「問題」の根本的な「解決」に挑む。
しばしば、そのような場面では、
つらく、胸を痛めるような出来事に出会うことになる。
「解決」とは困難を極めるものなのだろうか...

ここで、冒頭の文章を思い出してほしい。

「問題アリ」という言葉が、
なぜネガティブに感じられるのだろう。

「問題」とは、本来中立的なものである。
しかしながら、「問題」の「解決」への取り組みのプロセスを
どこかで、悲壮なものとして、先取りしてはいないだろうか。

よって、「問題」そのものに向き合わない選択をすることさへある。

ここで、ヒプノセラピー(催眠療法)について、
別なアプローチがあることも申し添えておく。
     ※もちろん、先ほどあげた手法も、
      セッションが終わる頃には、
      ちゃんとスッキリと晴れやかな気分になる。

時間軸には過去もあれば、未来もある。
ならば、その輝かしい未来を創造するべく
行う療法が「未来世療法」になる。
もちろん、その輝かしい未来への道を妨げる
今生での思い込みや信念への取り組みは必要だけど、
少なくとも過去のつらい記憶などに遭遇する悲壮さは少ない。

そして、不思議なことに、
「未来世療法」により、今生、さらには前世(過去世)の
「問題」も「解決」されてしまうことがある。

ここまでをまとめると、
「問題」へのアプローチには、
真剣であることには変わりないが、
必ずしも、いつもつらい場面を再現しなくてはならない
ということではなく、様々ある。
潜在意識は、いつも本人の成長を見極めながら
最良の選択を行っている。


最後に、もう一つ。

「問題」は本当に「解決」するべきものなのか。
という「問題」もある。

「問題」を「問題視」し「解決」の必要性へと誘う自分もいれば、
「問題」をただの「出来事」として向き合う自分もいるのだろうか。

秋の夜長の練習「問題」
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記