FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

台風がやってくる前に
クライアントとセラピストの違いは、ほとんどない。

台風のまっただ中で、恐怖に怯え、不安におののいてる、

一方、台風一過、澄み渡った青空の下で、
     散乱した荷物の片づけに追われている。

少し先に経験を積んだ、苦難を乗り切ってきた、
という程度の違いかもしれない。

セラピストの多くが、もともとクライアントであった割合は、
相当なものだ。
身をもって、その効果を体感し、
そして、今度は、
自分がその効果を伝えていきたいと思うのである。

もちろん、セラピストになったからと言って、
もうこれから先、苦難がやってこないという保証もない。
個人的な経験など、高が知れている。

ただし、セラピストは
大切な何かを知っている。
いや、クライアントだって本当は知っている。

一心不乱に片づけに追われながらも、
あるいは恐怖に身を縮ませていても、
ふと見上げれば、
いつもそこには澄み渡った青空があること。

天高く馬肥ゆる秋だ、

セラピストやクライアント、
あるいはセライアントやクラピストであれ、

こんな歌、歌ってみればいいのだ!

さあ、頑張ろうぜ!

エレファントカシマシ『俺たちの明日』
ユーチューブでどうぞ。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記