FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ひとり上手と呼ばないで
「プライド」...

誇り高き人生、その生き様は、
歌に芝居に姿を変え、
長きに渡って、
人々の心に感動とエールを送り続ける。

一方、
「融通がきかない」「お高くとまってる」などと
全く逆の意味合いで使われることもある。

ボク自身、
一つの「プライド」があった。

(威張った奴が大嫌い!)

正義感、反骨精神の表明として、
このフレーズを口にしていたのだろう。

しかし、最近気づいた。

自己を軽んじられていることへの反発
→軽んじられるほどの自己
→自己不信、存在の軽さ
→現状への苛立ち
→存在証明としてのフレーズ

この悪循環、
他者はもとより自分自身との
コミュニケーションの断絶。

「プライド」の二面性は、
恐らく、他者(性)の存在の有無なんだろう。

それぞれがそれぞれのやり方で
道を歩む時
お互いの存在そのものに、
先ずは気づき、受け入れ(同意する必要はない)、
それぞれの「プライド」を見直す機会にすれば、
きっと、そのプロセスが、
歌に芝居になるんじゃないかな。

熟達したひとり芝居と手前勝手なひとり上手の芝居の違い、
もっとわかりやすく言えば、
今井美樹のコンサートとジャイアンのリサイタルの違い...

この話、少し突き詰めて考えて
「他者(性)」や「プライド」など気にする前に、
「自己」そのものを手放せば良い、という考えもあるが

クリシュナムルティ風に言えば、
それは書かれた言葉、文字の羅列、知識に過ぎないので、
ボクはまだ、しばらく我を忘れて
歌い踊る方がいい。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記