FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

端っこはオイシイ
文章のチェックなど任され、
アレッと一瞬、眉間にしわを寄せながらも、
そのままでやり過ごすと、
後で決まってその箇所を指摘される。

スーパーで買い物の途中、
いつもは見もしない食材に気をひかれるも、
買わずに帰ってテレビをつけたら、
その食材を使った、簡単極うまレシピが紹介されていた。

お家や職場、様々な場面でこんな経験を
したことがあるはず。

『直感』や『ひらめき』の有用性は、
スピリチュアルな世界に限らず、
ビジネス、家庭、あらゆる領域で唱えられている。

しかし意外と実態がともなってなくて、
いきなり、瞑想をやろう、などと
ハードルを高くしてしまっている。

先ずは、『意識の端っこ』
例えば、視界の隅、漏れ聞こえる声、漂う匂い、
ちょっとした違和感などに、
しばし注意し、ひと息ついてみるといい。

何か答えがあるかもしれないし、ないかもしれない。
でも、この繰り返しが、
小さなミスを防いだり、
思わぬ幸運を引き寄せることにつながるかもしれない。

カステラやロールケーキも最近は、
端っこが安くて人気なのだからね。

少し所帯じみた趣になったが、

『直感』や『ひらめき』を

『内なる声』
『ハイアーセルフからのメッセージ』
『天使のささやき』
『潜在意識からの呼びかけ』

いかように呼んでもいいから、
まずはそのサインをしっかり受け止め、
活かしていくことが大事。

世界は、思っている以上に
優しさに満ちているのだから。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記