FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (161)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潜在意識からの『ギフト』
「ヒプノセラピー(催眠療法)」という言葉は知らなくても
「前世療法」という言葉なら、
どこかで聞いたことがあるかもしれない。

そして、
そんな話題が出たときには、
「私の前世はエジプトの女王様」
「俺は、古代中国の戦士」とか
いつしか話題の重心は、
「前世」に移動して、
「療法」の話はどこかに行ってしまう。

「療法」というぐらいだから、
程度の差はあれ、
何がしかの問題を抱えてきた人とのセッションになる。

そして、
その問題を解決すべく催眠状態に入り、
その時、行くべきところに
潜在意識が導く。
 ※問題解決の行くべきところが「前世」でない場合
  「今生」の「幼児期」や「胎児期」などに、
  潜在意識が導くこともあるので、
  そのときは、クライアントに確認しながらすすめていく。
  
たどり着いた、その「前世」の
「今生」の問題に関わるような場面で
その問題を様々な方法で解きほぐしていく。

「療法」であるということは、
実は問題解決にとどまらない効果がある。

いくつかの場面を通じて、
あの人、この人との思わぬ深い縁を感じたり、
自分の「今生」での課題にあらためて気づいたり、
「前世」の生涯を俯瞰して眺め
さらには「前世」の自分の擬似的な死を体験することによって

当初の問題解決が、実は呼び水で、
本当は、もっとより本質的なメッセージを受け取るために
訪れたことに気づくことも多い。

だから、
最初は、「前世」に興味があるだけでも構わない。
思わぬ『ギフト』を持って帰ることがあるかもしれない。

すべて、自分の潜在意識が知っている。

「前世療法」の話は尽きないので、また次の機会に。

実際のセッションは、
もっとゆったりと丁寧なプロセスをたどるので
ご安心を。

最後に、
ボクの「前世療法」のイメージの一つである曲を紹介する。

ユーチューブで聴いてみてください。

ビートたけし『嘲笑』
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記