FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

耳よりな話
対人間コミュニケーションの理論、
そして、理論までいかなくても、
自分自身、他人を理解するための
参考になる見方を提供してくれるものがいくつかある。

例えば、
ある物、事柄を前にして、
いかにそれらを表現するかによって
いくつかのタイプに分類される。

例えば、ここに赤いリンゴを一つ置く。

Aさんは、「まだ熟してないな、もっと赤くなんなきゃね。
      しかも中だって、蜜の色も濃くないし...」

Bさんは、「熟しすぎよりも、サクサクするぐらいがちょうどいい。
      サッサッとリズムよくむければ美味しいはずさ...」

Cさんは、「あんまりかたいと歯茎が痛むし、
      口の中がモゴモゴして、ちょっと食べづらいよ...」
    
人が物・事を認識し受けとめるのに、
感覚を通して行う。
感覚も様々な区分けが出来るのだけど、

一般的なのは、
以上の、3タイプに分ける方法。
Aさん...視覚タイプ
Bさん...聴覚タイプ
Cさん...体感覚タイプ

もちろん、個人の中で、
すべてのタイプは存在するし、
その中で優位なものを目安に、分類している。

これをもって、
コミュニケーションの現場で、
困難な状況が生じている場合、
自分や相手がどのタイプに分類できるかを
一応の目安にして、
表現方法を見直すところから始めるのだ。

そして、そのことをわかってたつもりなのに
ボクは、このブログを始めて2週間弱で
気づいてしまった。

てっきり
体感覚タイプだと思っていたのに
記事を読み直すと

「ダライ・ラマの声」
「イヤホン、ヘッドホン」
「携帯ラジオ」
「友人のある言葉」
「尾崎豊のコンサート中の有名なフレーズ」など

明らかに、聴覚タイプ...

さらには、
ボクは、個人的なメールを送るときに、
つい、その時インスピレーションがあった曲を
追加して、紹介してしまう。

挙げていくときりがないくらい、今思い出している。

決定的なのは、このブログには、
まだ写真が一つもアップされてなかった。

やっぱりよく言われるように
「自分は自分のことがよくわからない」

「自分とは誰か」
この問いからは逃げられないね。

この学び、耳学問にならないように、
このことを活かして

ますますクライアントの言葉に
耳を傾けていこうと思う。    
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記