FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

おしゃべりなのは誰?
イヤホンやヘッドホンをつけて歩く人たちを
見ていて、それらを通して入ってくる
音楽やおしゃべりなどの総量は、
もしかしたら街の喧騒などより多いかもしれない、と思った。

そこには、口にはしないが、
人々の、様々な感情や言葉が、
それらを上回るほどに飛び交っているに違いない。

そんな音楽やおしゃべりは、退屈な日常に
しばし高揚感をもたらしてくれるかもしれないし、
実際的な新しい情報を届けてくれるかもしれない。

ボクなどは、ちょっとつらい時期に、
携帯ラジオのイヤホンを耳から片時も離せないでいた。

のべつまくなしに耳にしているのには、
それなりの理由があるのかもしれない。

その音が止んだ時に、湧きあがってくるのは、
多分、その時耳にしたくない自分自身の本心、
思い出したくない言葉のやりとり、
目の当たりにしたくない現実...

逃避とは言わないが、
頭の中を他者の言葉で、音楽でいっぱいにしておく、
そんな状況に依存しているのかもしれない。

もちろん、単純に楽しむ機会の方が多いだろうし、
依存するにしても、そんな時は
ある意味それに徹することも必要かもしれない。

そんな折、急に誰かに声をかけられて、
思いのほか自分の声が小さいことに気づく。
他人の声を聞きとるにも苦労した。

一つの感覚に集中し過ぎると、
他の感覚が鈍くなるのかもしれない。
万遍なく、バランス良くとは言わないが、
普段使わない感覚や、感情、さらには、
体の部分に注意してみると、

ある時、困難な状況からの
回復のためのヒントを見いだせることが
あるかもしれない。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記