FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

自由自在に学ぶ
浪人が決まり、予備校に入って間もない頃、
予備校の定期刊行物の、ある有名講師のコラムに
こんな言葉が載っていた、

「ぼくは存在をかけて君たちに対峙する」

浪人も決まり少し落ち込んでいた頃だから、
その強い言葉に心動かされた。
気持ちもスッパリ切り替わった。

セラピストであれば、クライアントに対して、
「対峙する」よりは、「寄り添う」や「ともに歩む」の方が
適切なのかも知れない。
受け手の状況にも寄るから、
表現も多様であって良いだろう。

むしろ、問われているのは、「存在」の方かもしれない。

その中身は、
「愛に満ち溢れた存在」
「癒しのパワーがみなぎる存在」
さらには、
「あるがまま」
かもしれないし
「私は存在などしない」
いやいや、
「波動やひものような存在」
かもしれない。

いずれにしても、こちらも多彩である。

少なくとも、「存在」の在り様を問い続けることが、
セラピストであれクライアントであれ、
あるいは、先生や生徒であれ、
大切なことだと思う。

そう言えば、
受験の参考書か問題集に、
「自由自在」ってのがあったな。
タイトルはこれで決まり。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記