FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (143)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

さらわれて⑦
「前から降ろしてもらって良いですか?」
ここは乗ってくるお客さんが多いから、
後ろから降りてください。

混んでる車内を注意深くかき分けて、
ゆっくりと後ろから降りた…

路線バスでのやり取り。
前から乗って、真ん中から降りるタイプ。
松葉杖がとれたとはいえ、
右膝が曲がらないため座ることも出来ず
不安定ゆえ、いつも運転手の真後ろに陣取り、
降車時に、前から降ろしてもらうのを、
当たり前のように思ってた。

降りてからしばらくは、
腹も立つし、情けなくもあったが、
ふと、こんな考えが浮かんだ、

「確かに、もう大丈夫かもしれない、
いつまでもあんなところにしがみついてるなんて」

きっと、あの運転手の口を借りて、
促されたんだろう、そうでもしなきゃ、
次に行けないってね👌

そしたら、途端にスッとしてね、
あんな役回りをさせて、申し訳なくも思ったね。

そして、ここ数日は、
もう普通に、真ん中辺りに立ってる、
多少ぎこちないけどね。

関節の曲がりは相変わらずだけど、
歩く感じは、少ししっかりしてきた⤴️

日々、いろんな言動に出くわすけど、
直ぐに反応せずに、
ちょっと俯瞰してみると、
全く別な意味が明らかになるかもね🎵

さあさ、次は、何が待ってるやら(笑)

合掌



ヒプノセラピー(催眠療法)の
個人セッション用のホームページは、
こちらです、
『ようこそ、ヒプノセンスへ』

スポンサーサイト



さらわれて⑥
今年はどういう年になるかな、
て、毎年思いながらも、
さすがに今年は違うよな、
て、まだまだ聞き分けのない右脚を、
ゆっくりさすりながら思う(苦笑)

ヒプノセラピー(催眠療法)を行う
ヒプノセラピストとしては、
スピリチュアルな事柄に関しては、
程好く距離をとっていたけど、
結果的に、スピリチュアルなことは、
好きだし、関わらざるを得ず、

まあ、セッションはセッションで、
クライアントとともに、
潜在意識にお任せで良しとして、

スピリチュアルなことへの関心、発信を
公にしていこうかなと思う🎵

別に、特殊な情報源も能力もないけど、
昨年の事故(右膝の骨折)を通して、
いろんなことを考えて、
やっぱりどこかで、その意義を、
人生の中で、有意義に意味付けたくなる。
スピリチュアル的思考は、
そういう風にも使うんだよね、
それを心が弱いなんて批判する人もいるけど、
良いの良いの(笑)
ボクが、お笑い好きなのも、同じことだし🎵

取り敢えず、今年は、
あの世と、天皇(レムリアとか)と、
そして、それに関わるワークを探求してみるかな👌

何たって、いつも聴こえるんだよ、
あのお婆さんの声が、

不思議、不思議…
受けて立つ、受けて立つ…

合掌



ヒプノセラピー(催眠療法)の
個人セッション用のホームページです。

『ようこそ、ヒプノセンスへ』



さらわれて⑤
新年明けましておめでとうございます🎵
今年もよろしくお願いいたします。

既に昨日仕事始めで、
松葉杖無しでの外出も、
おっかなびっくりでトライして、
何とか無事帰還しました(笑)

面白かったのは、
右脚(負傷した)が、
左脚のまねをするんだよね、
松葉杖のときは松葉杖のように真っ直ぐに、
そうなるかと思ってたら、
ちゃんと左脚のように、
適度に曲げようとしながら歩こうとする、
自然の摂理には驚いた✨

そう言えば、
手術を終えて間もない頃、
ベッドに横たわっているときに、
ふと、左脚が右脚に寄り添って、
足先、指先が、重なるように
くっついてたのを見たとき、
仲良しのペットみたいで、
我がことながら、愛しかったね♥️

自分の体においてだけでも、
いろんなレベルで、
みんな心配したり、助け合ったりしてる。
不思議でありがたいこと。

今年のテーマも見えてきそう、
まあ焦らず、探ってみようか。

みなさんも、
新たな年、元気に楽しくお過ごしくださいね👌

合掌



ヒプノセラピー(催眠療法)の
個人セッションは、こちらから。
『ようこそ、ヒプノセンスへ』


さらわれて④
さらわれて①で、チラッと触れた本、
『自己なき自己』ラマカント・マハラジ著について、
もうちょっと、その意義を探る。

分厚い本だけど、
徹頭徹尾言ってるのは、
「人間は、体ではないし、体であったこともないし、
これからも、体であり続けることなんてない」
ただそれだけ(笑)

膝の皿が割れて、
整形外科のベッドに横たわる患者の
腹の上に置かれてる光景は、とてもシュールだし、
まあ、簡単には受け入れられなかったね(苦笑)

でも、不思議と読み出して、
その本質が、染みるように理解出来た気もする。

体は傷ついたけど、それは、
大切ではあっても、全てではない。
事故を起こしたけど、それは、
残念ではあっても、全てではない。
『自己なき自己』が、
『事故なき事故』に読み替えられて、
さらに、いろんな物事の裏と表が、
思考や感情、感覚を超えて、
緩やかに統合されていくのを許していったような
そんな不思議な理解だったな✨

実は、昨年の暮れに、
今年は、「体力」「体感」「体現」の年になると、
自分自身に予見して、
最後の「体現」がなかなか来ないねと思ってたら、
そういうことだったんだね、
右膝の上の手術痕を見ながら、苦笑い😅

そうは言っても、まだまだリハビリは続くし、
体のことを一瞬たりとも忘れるなんて出来ないし、
本質への理解を深めながらも、
日々、必死で生き抜くだけだよ🎵

でも、いろんなカタチで、
サポートがやって来てるのは、
この本の話からもわかるよね。

体ではない、てのは、
そういうことだよね👌

合掌



ヒプノセラピー(催眠療法)の
個人セッション用のホームページはこちら、
『ようこそ、ヒプノセンスへ』


さらわれて③
クリスマスイブであっても、
病院とは別のリハビリへ🎵
終わって、久々の外ランチ☕🥐

2019122416085959a.jpeg

不自由なまま外に出かけると、
心身ともに疲れるし、しんどいし、
たとえば、他人に対しても、
厳しくなりそうなものだけど、
でも、圧倒的にみんな優しい。

自分が荷物たくさん抱えて大変なのに、
ボクの松葉杖を、
重いだろうと持とうとするお婆ちゃん、
(大丈夫、それないと、もっと大変なんだ)

自動ドアのエントランスで、
ボクが通り過ぎるのを何気なく待って、
じっと立ってくれている小さな男の子。

野良の猫や鳩は、
松葉杖に興味津々で、威嚇しながらも、
遊びたくて、近づいてくるし。

今年のクリスマスは、
いつもに増してささやかだけど、
でも、ハートはグッと来てるから大丈夫👌

きっとみんなも同じだよ✨
ハッピークリスマスを祈ってます✨⛄🎄✨

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記